ビフィズス菌
2017年03月22日更新 2017年03月16日公開

ビフィズス菌の摂り方

ビフィズス菌は腸内細菌のため、野菜や果物などの食材に含まれていません。そのため、ビフィズス菌を配合したヨーグルトやサプリメントで摂る必要があります。ここでは、ビフィズス菌の摂り方についてドクター監修の記事で解説します。

人の腸内には、たくさんの細菌が存在しているといわれています。その中には、身体によい影響をもたらす善玉菌と、身体に悪い影響をもたらす悪玉菌、そして、どちらに変わるかわからない日和見菌に分類されます。代表的な善玉菌には、ビフィズス菌や乳酸菌などがあり、一方で、ウェルシュ菌や連鎖球菌、ぶどう球菌などは主な悪玉菌といわれています。健康であれば、腸内の菌のバランスは、悪玉菌に比べて善玉菌が優勢な状態にあります。その場合は、善玉菌が悪玉菌の増殖を抑える働きをしています。しかし、体調不良やストレス、食生活や環境の変化、加齢などが原因で悪玉菌が増加すると、腸内細菌のバランスが崩れ、さまざまな体調への影響が出てきます。

加齢によりビフィズス菌は減少する

もっとも腸が健康な状態にあるのは、母乳を飲んでいる赤ちゃんだといわれています。なぜなら、母乳を飲んでいる赤ちゃんの腸内に存在している細菌のほとんどがビフィズス菌だと考えられているからです。ビフィズス菌が増える過程をみると、まず、産後すぐの赤ちゃんの腸内には、ほとんど細菌は存在していませんが、2日から3日ほど経過すると自然にビフィズス菌が発生し、少しずつ増加していくといわれています。そして、1週間ほど経過した赤ちゃんの腸内に存在している菌のおよそ95%がビフィズス菌になっているといわれています。ビフィズス菌が赤ちゃんの腸内で一気に増加していく理由は定かではありませんが、乳糖を含んでいる母乳や乳児用の粉ミルクを摂取していることが関係しているからだと考えられています。また、ある老人ホームで行った調査によると、腸内でのビフィズス菌の割合がおよそ5%しかなかった方もいたとの結果がでています。このことから、加齢がビフィズス菌を減らす原因のひとつではないかともいわれています。

ビフィズス菌が含まれている食べ物

ビフィズス菌は腸内細菌であるため、野菜や果物など自然の食材には含まれていないと考えられています。そのため、食べ物からビフィズス菌を摂るためには、ビフィズス菌が配合されたヨーグルトや乳製品などからが有効とされています。ただし、ビフィズス菌は熱には弱いため、ビフィズス菌が配合されたミルクなどの乳製品を温めるときには、50度を超えないことが大切です。ビフィズス菌は、50度を超えると徐々に死滅し、70度近くになるとほとんどが死滅するとされています。

ビフィズス菌を増加させるためには、オリゴ糖や乳糖、食物繊維などを摂取することが有効と考えられています。オリゴ糖は、タマネギやゴボウに多く含まれています。人間の消化酵素では、オリゴ糖は分解されないため、胃腸で吸収されることなく大腸まで届くとされています。そして、大腸に届いたあと、悪玉菌に利用されることがないため、ビフィズス菌が増加するといわれています。また、ヨーグルトなどの乳製品に含まれる乳糖の他、ラクトフェリンやラクチュロースなどはビフィズス菌を増加させる因子であり、ビフィズス菌を増やすためにヨーグルトはおすすめの食べ物と言えるでしょう。

ビフィズス菌はサプリメントでも摂取できる?

乳製品以外にも、ビフィズス菌が配合されているサプリメントからビフィズス菌を摂取することができます。たとえば、ビフィズス菌ロンガム種を活用したサプリメントは、胃酸に強く、生きたままで腸まで届くといれています。そのため、腸内環境を良好にして、便通が改善される働きに期待が持てると報告されています。その他にも、ビフィズス菌が配合されたさまざまなサプリメントがあります。ご自分の体調や体質、目的などをきちんと把握したうえで補助食品としてサプリメントを選ぶとともに、用量を守って有効的にビフィズス菌を摂ることが大切です。

今すぐ読みたい

「ビフィズス菌」の関連情報

記事カテゴリ

注目情報

fem.

fem.ヘルスケアが

もっと手軽にアプリで登場!

今日できる。今すぐできる。

健康・キレイ情報を毎日おとどけ。

app-store
google-play