ビフィズス菌
2017年12月06日更新 2017年12月07日公開

ビフィズス菌を増やすと痩せる?腸内細菌と肥満の関係

美容やダイエット効果も期待されているヨーグルトですが、本当にそのような効果はあるのでしょうか。ここでは、ヨーグルトなどに含まれる腸内細菌とダイエットの関係について説明し、痩せる効果が期待できる菌をご紹介します。

美容やダイエットの目的でヨーグルトを食べる方もいるでしょう。ヨーグルトに含まれる乳酸菌やビフィズス菌にはダイエットにつながる効果があるといわれますが、それは本当でしょうか。ここではビフィズス菌にスポットを当て、そのダイエット効果について説明します。

ビフィズス菌の摂取で増える腸内細菌とは

まず、ビフィズス菌と肥満の関係を理解するうえで重要となる、腸内細菌と腸内環境について説明します。

腸内細菌は、小腸や大腸で摂取した栄養素の消化と吸収を行っています。人の腸管(主に大腸)には、100種類以上の100兆個にも及ぶ腸内細菌が生息しています。腸内細菌の中でもっとも多い菌は中間菌と呼ばれるものです。これは、腸内環境によって腸に悪い影響を及ぼすこともあります(善玉菌が優勢であるときは何もしません)。一般的に、腸内環境が整っているとされるときは、悪玉菌よりも善玉菌が多くなっているといわれます。しかし、バランスの悪い食事や睡眠不足、ストレス、便秘などが原因となって悪玉菌が増殖すると、腸内細菌バランスが崩れ、さまざまなトラブルの要因となってしまいます。つまり、健康的な腸内環境を維持するためには、善玉菌を増やす生活が重要となるのです。

ビフィズス菌に期待できる肥満を防ぐ効果

整腸作用による健康効果が注目されているビフィズス菌ですが、中には肥満防止効果が期待できるものも発見されています。種類と効果について見ていきましょう。

ビフィズス菌B-3

ビフィズス菌B-3とは、ビフィズス菌の種類のひとつです。研究によると、肥満度を表す指数が高い人を対象にビフィズス菌B-3を摂取し続けてもらったところ、体重や体脂肪が落ちたという結果が出たそうです。体重や体脂肪の低減に一定の効果がみられたため、ダイエットに向いている菌として注目されています。[1]

また、ビフィズス菌B-3には脂肪細胞が炎症しないよう、腸管のバリア機能を修復する効果も期待できるといわれています。食べ過ぎにより体内の脂肪組織が肥大化することが肥満の大きな要因ですが、脂肪分の多い食事を摂取し続けたことで腸管のバリアが壊れ、脂肪細胞が炎症してしまうことも、原因のひとつといわれています。ビフィズス菌B-3には、腸管のバリア機能が正常に働いていない場合でも、バリア機能を修復して炎症の原因となる物質をブロックする力が期待できるため、このような理由でも肥満を防ぐ効果が期待できると考えられています。[2]

ビフィズス菌B-3はどうやって摂れる?

ビフィズス菌には多くの種類がありますが、肥満を防ぐ効果が研究結果として出ているのは、今のところビフィズス菌B-3を含む一部の種類だけです。有効なビフィズス菌が含まれている製品やサプリメントを探し、習慣的に摂取するとよいでしょう。しかし、下痢などの不調が出た場合は、摂取をやめるか控えましょう。

どうしたら痩せられる?腸内細菌の整え方

ビフィズス菌B-3を摂る以外にも、痩せる体質を作るのに大切なことがあります。それが、腸内細菌のバランスを整えることです。

腸内細菌の中間菌のひとつに、バクテロイデス門というものがあります。これは、脂肪を燃やしたり、吸収を抑える働きが期待できる腸内細菌のひとつです。研究によると、痩せやすい体質の人の腸にはこの腸内細菌が多いことがわかったと言います。[3]

バクテロイデス門の働きをよくするには、善玉菌を増やして腸内環境を整えることが大切です。これは、中間菌は善玉菌と悪玉菌のどちらが優勢になるかによって働きが変わるため、善玉菌を増やすことでその働きをよくするよう促すことができるためです。

ビフィズス菌や乳酸菌を意識的に摂る

腸内環境を整える方法のひとつに、ビフィズス菌などの善玉菌を食事などで直接摂取する方法があります。この際、一度摂取したものがずっと腸内に定着するわけではないので、毎日補うことが大切です。ビフィズス菌や乳酸菌を含む代表的な食品には、以下のものがあります。

  • ヨーグルト
  • 乳酸菌飲料
  • 納豆
  • 漬物

腸内にいるビフィズス菌を増やす

外から補うだけでなく、もともと存在する善玉菌を増やすことも大切です。善玉菌の増殖を促すには、食物繊維やオリゴ糖を含む食べ物をとることがおすすめです。また、ビフィズス菌を含む食べ物と一緒にとると、相乗効果が期待できます。ヨーグルトにバナナやリンゴなどを添えたり、オリゴ糖やはちみつをかけるなど、簡単に作る事ができるので、ぜひ試してみてください。

※オリゴ糖や食物繊維を多く含む食べ物について、詳しくは『ビフィズス菌を増やす食品・食べ物』をご覧ください。

まとめ

太りやすい、痩せやすい体質には、腸内環境も大きく影響している可能性があります。腸内細菌バランスを整えることも、肥満の予防や改善に効果的に作用するかもしれません。腸内環境を整える最善策は、食生活を整えることです。善玉菌を外から補ったり、増やす食事を心がけましょう。

参考文献

  1. [1]「ビフィズス菌B-3のさまざまな健康パワーって、どんなもの?」森永乳業株式会社 http://b-3lab.jp/power.html
  2. [2]「肥満対策に、なぜビフィズス菌B-3が注目されているの?」森永乳業株式会社 http://b-3lab.jp/mechanism.html
  3. [3]「腸内細菌と脂質代謝」静脈経腸栄養Vol.28 No.4(2013) https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjspen/28/4/28_915/_pdf

今すぐ読みたい

「ビフィズス菌」の関連情報

記事カテゴリ

注目情報

fem.

fem.ヘルスケアが

もっと手軽にアプリで登場!

今日できる。今すぐできる。

健康・キレイ情報を毎日おとどけ。

app-store
google-play