便秘・下痢
2017年12月06日更新 2017年12月07日公開

ホットヨーグルトで便秘解消!美容・ダイエット効果を高める食べ方

美容と健康にいいとして注目されているホットヨーグルト。本当にそのような効果があるのか、冷たいヨーグルトより効果的といわれるのはなぜか。ホットヨーグルトが持つ効果の有無と、食べ方のコツ、おすすめの食べ方をご紹介します。

監修医師

この記事の監修者

美容や健康維持の目的でヨーグルトをとり入れる方も多いでしょう。最近は、より高い効果が期待できるとして、ホットヨーグルトが注目されています。果たして、本当に効果はあるのでしょうか。ヨーグルトを温めて食べることによるメリットと、食べ方のコツをご紹介します。

ヨーグルトに期待される美容効果とは

ホットヨーグルトの効果について説明する前に、まずはヨーグルトが持つとされる美容効果について、その根拠を見ていきましょう。

便秘解消による美容効果

腸内に善玉菌が増えると、腸の蠕動運動(ぜんどううんどう:腸の収縮運動。内容物を移動させる働きがある)が活発になって便通がよくなります。腸内に便がたまると、悪玉菌が増殖して肌荒れや吹き出物の原因となる有害物質が発生します。そのため、便秘の解消は、肌荒れの予防や改善にもつながります。ヨーグルトに含まれる乳酸菌やビフィズス菌は代表的な善玉菌なので、継続的に補うことで腸内の善玉菌を増やす効果が期待できます。

コレステロールの吸収を抑え、肥満を予防する効果

ヨーグルトに含まれる乳酸菌には、腸内のコレステロールとくっつき、体外へ排出する効果もあるといわれています。また、ビフィズス菌にはコレステロールを分解する働きがあるため、吸収を抑えられると考えられています。[1]

近年、カルシウムの摂取量と体重の増加率は半比例するという研究も発表されています。この研究によると、カルシウムの摂取量が増えると、体重が減りやすいというデータが得られたそうです。[2]ヨーグルトにはカルシウムも含まれるため、効率よく体脂肪を減らしたり、コレステロール値の上昇を予防するサポートとして効果的に作用するとも考えられています。

さらに、ビフィズス菌のひとつである「ビフィズス菌B-3」には、肥満の予防や改善効果が期待されるともいわれています。詳しくは、『ビフィズス菌を増やすと痩せる?腸内細菌とダイエットの関係』をご覧ください。

ホットヨーグルトの効果とは

ヨーグルトは冷たいまま食べるよりも、温めて食べる方が乳酸菌やビフィズス菌の効果が得られやすいといわれています。これは、乳酸菌・ビフィズス菌は40℃前後でもっとも活発に働くためです。菌が活性化している状態で摂取することで、より高い効果を得られるという考え方です。ただし、温かい環境でこれらの菌が活性化しやすいといって、ヨーグルトを温めて食べる=高い効果が期待できるとは言い切れません。はっきりしたことはわかっていないので、理論として期待できるという程度に考えておくといいでしょう。

ホットヨーグルトの効果を高める食べ方のコツ

試してみる際は、乳酸菌やビフィズス菌の働きが弱まらないよう以下の点に注意しましょう。

温めすぎない

乳酸菌やビフィズス菌の活動は10℃以下では遅く、40℃前後でもっとも活発になるといわれています。そのため、常温に戻したり、人肌程度に温めて食べることがすすめられていますが、温めすぎると菌が死滅してしまいます。死滅しても善玉菌のエサとなって整腸作用のサポートをすることがわかっていますが、腸内環境を整える効果は弱まります。100g程度であれば、500~600Wで40秒程度が温めの目安といわれています。

できるだけ糖分は少なく

ダイエット効果も期待するのであれば、無糖(プレーンタイプ)のヨーグルトを食べましょう。砂糖を加えればカロリーが高くなり、糖質も多くなるので血糖値の上昇度合が高まります。どうしても甘みを感じたいときは、ノンカロリーシュガーを使用したり、果物(果糖)を加えましょう。やさしい甘みを感じることができます。整腸作用を考えるなら、オリゴ糖もいいでしょう。

食べる量は100gを目安に

食べる量は、1日あたり100~200g程度が適当です。たくさん食べたからといって効果が高まるわけではありません。ただし、100g以下では十分な効果が得られないともいわれます。適量を心がけましょう。

継続して食べる

外から補った乳酸菌やビフィズス菌は、腸内にずっとい続けるわけではなく、ある程度の期間を過ぎると排出されます。そのため、効果を得るには常に食べ続ける必要があります。できるだけ毎日食べるようにしましょう。

自分に合ったヨーグルトを見つける

腸内細菌の構成は、人によって異なります。そのため、体に効果的に作用する乳酸菌・ビフィズス菌も人によって変わってきます。2週間ほど試してみて特に効果を感じられない場合は、他の銘柄(異なる乳酸菌が含まれているもの)を試してみましょう。効果はすぐに得られないので、常に2週間以上試すことをおすすめします。

ホットヨーグルトを使った簡単おすすめレシピ3選

それでは、ホットヨーグルトを簡単にとり入れられるレシピをご紹介します。

<レシピ:きな粉のホットヨーグルト(1人分)>

きな粉には食物繊維がたくさん含まれており、便秘改善やダイエットによいといわれています。きな粉とホットヨーグルトを合わせることで、ダブルの効果が期待できます。

食材:ヨーグルト 100g/きな粉 大さじ1/はちみつ 小さじ1

  1. 耐熱カップにヨーグルトときな粉、はちみつを入れてよく混ぜる。
  2. 600Wで30~40秒ほど加熱する。温まっていない場合は10秒ずつ追加で加熱する。

<レシピ:柿のホットヨーグルトスムージー(1人分)>

ヨーグルトと果物の甘みの相性は抜群です。また、コラーゲンの形成に役立つ柿のビタミンCと組み合わせることで、カルシウムの吸収率がより高められるといわれています。

食材:ヨーグルト 100g/柿 1/4個

  1. ヨーグルトに細かく刻んだ柿を加え、ミキサーにかける。
  2. 600Wで30~40秒ほど加熱する。温まっていない場合は10秒ずつ追加で加熱する。

<レシピ:生姜湯でホットヨーグルトドリンク(1人分)>

体を温める作用を持つ生姜を加えることで、風邪の予防効果も期待できる一品です。

食材:生姜 2切れ/ヨーグルト 50g/はちみつ 小さじ1

  1. およそ200mlの水に生姜2切れを加え2~3分煮出し、生姜湯を作る。
  2. 生姜湯の粗熱が取れたら、ヨーグルトにかけてお好みの濃さにのばし、はちみつを加える。

まとめ

ヨーグルトには整腸作用とともに、便秘解消による美容効果が期待できます。また、肥満の予防や改善効果に関する研究も進められています。ホットにすることで、より高い効果が期待できるとも考えられています。食べ方のコツを押さえ、生活に効果的にとり入れてみてください。その際、自分の体に合ったヨーグルトの種類や食べるタイミング、食べ方を見つけることも大切です。美容と健康のサポートになる製品や方法を見つけてみてください。

参考文献

  1. [1]はつらつファミリーNO.43 一般社団法人 全国発酵乳乳酸菌飲料協会 http://www.nyusankin.or.jp/news/resimg/hatsuratsu43.pdf
  2. [2] メディアミルクセミナー 社団法人 日本酪農乳業協会 https://www.j-milk.jp/tool/hodo/berohe000000k305-att/berohe000000k333.pdf

今すぐ読みたい

「便秘・下痢」の関連情報

記事カテゴリ

注目情報

fem.

fem.ヘルスケアが

もっと手軽にアプリで登場!

今日できる。今すぐできる。

健康・キレイ情報を毎日おとどけ。

app-store
google-play