ダイエット
2017年12月06日更新 2017年12月07日公開

ヨーグルトダイエットの効果

ダイエット向きのヨーグルトを選び、適した時間帯に食べると効果的に痩せられると、ちまたで話題のヨーグルトダイエット。その効果は本当なのでしょうか。ヨーグルトに期待できるダイエット効果と方法について説明します。

監修医師

この記事の監修者

デザートや手軽な健康サポート食品としてよく食べられるヨーグルトですが、はたしてダイエット効果は期待できるのでしょうか。その効果と方法について説明します。

ヨーグルトのダイエット効果について

太りにくい体づくりをするうえで、もっとも大切なのはバランスのよい食事と適度な運動であることは周知の事実です。しかし、気をつけるべきなのは、このような生活習慣だけではないようです。近年、腸内細菌の研究が進み、太りやすさと腸内環境の関係が示唆されています。 [1]

人の腸内細菌は、善玉菌と悪玉菌、そのどちらでもない中間菌の3種類に分けられます。脂質が多いなど、栄養バランスの悪い食事が続いたり、睡眠不足やストレスがたまると、腸内で悪玉菌が多く産生され、腸内細菌のバランスがくずれてしまいます。このように悪玉菌が優勢となった腸内環境においては、痩せにくく太りやすい体質につながると考えられています。

悪玉菌の増殖を防いで理想的な腸内環境を保つには、腸内に生息する善玉菌を増やす食生活や生活習慣を心がけると同時に、外から補ってあげることも大切です。ヨーグルトには乳酸菌やビフィズス菌といった代表的な善玉菌が多く含まれるので、腸内環境を整えるサポート食品としておすすめと言えます。善玉菌が悪玉菌より優勢になると、便秘の解消やコレステロール値の低下など、さまざまな健康効果が期待できるといわれ、これにより痩せやすい体質につながる場合もあります。[2][3]

また、ヨーグルトにも含まれるカルシウムにも、ダイエット効果が期待されています。カルシウムの摂取量が増えると体重が増加しにくいという研究結果が出ています。[4]

ヨーグルトはいつ食べると効果的?

ヨーグルトは薬ではなく、あくまでも食品です。よって、食べるタイミングはいつでもかまいません。食べやすいときに食べ、継続的に摂取するのが大切です。

腸の蠕動運動(ぜんどううんどう:腸が収縮して内容物を移動させる働き)を考えたとき、朝より夜に食べた方が効率がよいとの説もあります。これは、胃腸などの消化器官は副交感神経が優位なときにより活発に働くという理由からです。副交感神経は夕方から夜の時間帯や、寝ているときに優位になる特徴があります。そのため、夕食後に乳酸菌などの善玉菌を摂取すると、腸の動きが活発な時間帯に消化吸収することができ、より効率的と考えられているようです。また、発酵したことでタンパク質がある程度分解されているため、体に負担をかけることなく消化吸収できる点や、糖質の少ない食材という点でも、夜に食べるのにおすすめの食べ物といわれています。

だからといって、夜に食べると100%効果が高まると断言できるものではありません。効果の得られ方は人によって異なるでしょう。もっともいいタイミングは、自分の体で試すのが一番です。いろんなタイミングに食べてみて、効果を感じられる時間帯を探してみてください。

ヨーグルトダイエットでのプチ断食は避けましょう

普段の食生活にヨーグルトをとり入れることのメリットについて説明しましたが、では、ヨーグルトだけを食べる「プチ断食」をすると、より高いダイエット効果を得られるのでしょうか。

たしかに、ヨーグルトはタンパク質をはじめ、カルシウムや乳酸菌(およびビフィズス菌)など、体にうれしい栄養素を含む食品です。しかし、食物繊維やビタミンCなど、欠けている栄養素ももちろんあります。そのため、ヨーグルトだけを摂取するプチ断食では栄養バランスに偏りが出てしまい、続けると栄養不良を招くおそれがあります。

ヨーグルトをダイエットのサポートとして活用する際は、バランスのよい食事にプラスすることを基本ルールとし、ヨーグルトだけを食べるような方法はやめましょう。そのうえで、朝昼に食べ過ぎたときは、夜はヨーグルトだけにするなど、調整するといいでしょう。食べる際は、シリアル1食分をヨーグルトで和えたり、ヨーグルトとフルーツを一緒に食べるなど、体に無理のない程度にさまざまな食材と組み合わせて食べることをおすすめします。

まとめ

太りやすい体質と腸内環境の関係や、カルシウムのダイエット効果が研究によって明らかになってきていることから、整腸作用のあるヨーグルトはダイエットのサポート食品として効果的に作用する場合があると考えられます。ただし、ヨーグルトを食べれば痩せられるわけではありません。ダイエットの基本はバランスのよい食事と適度な運動であることに変わりはないので、これをサポートする食品として効果的にとり入れるようにしましょう。

参考文献

  1. [1]「腸内細菌と脂質代謝」 静脈経腸栄養Vol.28 No.4(2013) https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjspen/28/4/28_915/_pdf
  2. [2] 「腸内細菌と健康」厚生労働省 https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/food/e-05-003.html
  3. [3]はつらつファミリーNO.43 一般社団法人 全国発酵乳乳酸菌飲料協会 http://www.nyusankin.or.jp/news/resimg/hatsuratsu43.pdf
  4. [4]メディアミルクセミナー 社団法人 日本酪農乳業協会 https://www.j-milk.jp/tool/hodo/berohe000000k305-att/berohe000000k333.pdf

今すぐ読みたい

「ダイエット」の関連情報

記事カテゴリ

注目情報

fem.

fem.ヘルスケアが

もっと手軽にアプリで登場!

今日できる。今すぐできる。

健康・キレイ情報を毎日おとどけ。

app-store
google-play