感染症
2017年12月06日更新 2017年12月07日公開

風邪やインフルエンザの予防に効果的なヨーグルトとは

近年、風邪やインフルエンザの予防に効果的な食品として、ヨーグルトが注目されています。なぜ予防効果があるのか、その理由と、風邪やインフルエンザの予防効果が期待される乳酸菌をご紹介します。

監修医師

この記事の監修者

整腸作用による排便の促進など、さまざまな健康効果を期待して食事にとり入れることも多いヨーグルト。近年、ヨーグルトに含まれる乳酸菌の中には、風邪やインフルエンザの予防効果が期待できるものもあるとして注目されています。ヨーグルトが持つ健康効果と、風邪やインフルエンザの予防効果が期待できる乳酸菌の種類をご紹介します。

ヨーグルトの乳酸菌が持つ健康効果とは

腸内細菌の中で人に有益な働きをするものを「善玉菌」と言い、その代表となるのが乳酸菌とビフィズス菌です。ヨーグルトにはこれらの菌が多く含まれ、腸内で有効に働くことでさまざまな健康効果が期待できるとされています。ヨーグルトに期待される主な効果について見ていきましょう。

整腸作用による健康効果

人の腸内では、善玉菌・悪玉菌・中間菌(善玉菌と悪玉菌の、より優勢な方に加勢する菌)がバランスを取り合って生息しています。理想的な腸内環境のためには善玉菌が優勢になり、腸内を酸性に保つことで悪玉菌を抑制する必要があります。悪玉菌が優勢になって腐敗産物が産生されると、便秘や肌荒れ、免疫力の低下など、さまざまなトラブルの原因となります。

ヨーグルトに含まれる乳酸菌やビフィズス菌は、代表的な善玉菌です。ヨーグルトを継続して食べることで善玉菌を補えば、腸内環境を整えるサポートとなり、腸の蠕動運動(ぜんどううんどう:腸内の内容物を移動させる働き)を促すことで便秘の予防や改善にもつながります。 便が滞ると、腸内は悪玉菌が増えやすい環境になってしまいます。そのため、スムーズなお通じは腸内環境を整えるうえでとても大切な条件となります。

免疫細胞の活性化による健康効果

また、腸管には体内で働く免疫細胞がもっとも多く集まっており、その割合はおよそ6~7割ともいわれています。免疫は、私たちの体を病気から守るために必要不可欠な仕組みですが、それは食べ物を消化吸収する腸の働きと表裏一体の関係にあります。

免疫細胞の中の1つであるNK細胞は体内を独自にパトロールし、ウイルス感染細胞を発見して攻撃する働きをしています。このNK細胞の働きの強さをNK活性と言いますが、これは加齢などによって低下していくといわれます。乳酸菌の中には、NK細胞の活性作用が期待できるものも発見されています。このような特徴的な乳酸菌を含むヨーグルトを食べることで、風邪やインフルエンザウイルスから体を守る免疫力をつけることができるとも考えられており、研究が続けられています。[1]

風邪やインフルエンザの予防効果が期待できる乳酸菌とは

乳酸菌とは、「乳酸」を多量に作り出す菌の総称です。「乳酸菌」という特定の細菌があるわけではなく、そこには分類学上さまざまな菌種が含まれています。乳酸菌の中でも、特に風邪やインフルエンザ感染症の予防効果が期待されている乳酸菌を紹介します。

シールド乳酸菌®

シールド乳酸菌®を摂取すると、インフルエンザウイルスの感染を軽減するとともに、腸管での感染防御に寄与するIgA産生(※1)を促進することが報告されています。[2]

※1:IgAとは、免疫グロブリンの一種。免疫グロブリンとは、血中に含まれる抗体のこと。

R-1乳酸菌(乳酸菌1073R-1株)

2つの地域で60歳以上の高齢者を対象に実験を行ったところ、どちらの地域でもR-1乳酸菌を含むヨーグルトを食べた群では、免疫細胞のひとつであるT細胞が上昇したことがわかっています。また、実験前にNK細胞の活性が低かった人においては、その活性も上昇したそうです。これによる、風邪ウイルスへの感染リスクの低減も確認できたといわれています。[3]

プラズマ乳酸菌(JCM5805)

免疫細胞の司令塔とも言えるプラズマサイトイド樹状細胞(pDC)を活性化させることで、NK細胞だけでなく、ウイルスの排除に働くキラー T細胞やB細胞などの活性も促すことができる乳酸菌といわれています。これにより、感染症へのより高い予防効果が期待されています。事実、人における風邪・インフルエンザ様疾患の発症抑制効果の実験を行ったところ、プラズマ乳酸菌を含むヨーグルトを食べていた群では、pDCの活性が低まる環境下においても、その活性が維持されたと報告されています。[4]

まとめ

乳酸菌には整腸作用による健康効果が期待できます。腸内環境は免疫力とも関係しているので、これを整えることは健康を保つうえで大切なポイントとなります。また、特定の乳酸菌においては、ある種の免疫細胞を活性化させる働きも示唆されています。これにより、風邪やインフルエンザウイルスなどによる感染症から体を守る、より高いサポート効果が期待されています。乳個々の菌が腸内でどう反応するかは個人差もあるため、一概に効果が期待できるとは言えませんが、自分のおなかに合った乳酸菌を見つけられれば、健康のサポート食品として活用できるでしょう。また、乳酸菌の種類だけでなく、継続して摂取することも大切です。手軽に活用できるヨーグルトで、風邪やインフルエンザに負けない体づくりを目指しましょう。

参考文献

  1. [1]プロバイオティクスとして用いられる乳酸菌の分類と効能 http://www.eiken.co.jp/modern_media/backnumber/pdf/MM1110_01.pdf
  2. [2]森永乳業モラック乳酸菌(MCC1849)による IgA 産生促進作用と感染防御作(2013) https://www.morinagamilk.co.jp/download/index/11063/1403253.pdf
  3. [3]免疫調節多糖体を産生する乳酸菌を活用した機能性ヨーグルトの開発 https://www.jstage.jst.go.jp/article/kagakutoseibutsu/53/10/53_531008/_pdf
  4. [4]乳酸菌による「免疫賦活」効果 小岩井乳業株式会社 http://www.nyusankin.or.jp/scientific/pdf/Nyusankin_487_a.pdf

今すぐ読みたい

「感染症」の関連情報

記事カテゴリ

注目情報

fem.

fem.ヘルスケアが

もっと手軽にアプリで登場!

今日できる。今すぐできる。

健康・キレイ情報を毎日おとどけ。

app-store
google-play