ダイエット
2018年04月16日更新 2017年12月25日公開

ビフィズス菌にダイエット効果はある?

整腸作用が期待できるとして注目されているビフィズス菌ですが、肥満の予防や解消効果も期待できるといわれていることをご存知でしょうか。ここでは、ビフィズス菌が持つダイエット効果の有無と、効果的な摂取方法についてお伝えします。

監修医師

この記事の監修者
管理栄養士 フードコーディネーター 木村静香

腸において大切な働きをする、善玉菌の代表となるビフィズス菌。近年、毎日の生活で簡単にとり入れられるよう、ビフィズス菌を含む製品も多数発売されています。でも、本当に体によい効果が得られるのか、また、どのような効果が期待できるのかわからない方も多いと思います。そこで、ここではビフィズス菌の働きや特性、効果的な摂取方法についてお伝えします。今後の購買の参考としてください。

ビフィズス菌が持つ主な効果

主に人や動物の腸内に生育するビフィズス菌は、そのほとんどが大腸に生息しています。大腸内のビフィズス菌の数は、およそ1~10兆個といわれています。善玉菌の代表としてビフィズス菌と並ぶ乳酸菌は、実はビフィズス菌の1/10,000~1/100ほどしか生息しておらず、人の腸に生息する善玉菌としてもっとも優勢で中心的な菌は、ビフィズス菌と言えるのです。

ビフィズス菌は、ビタミンの合成や蠕動運動(ぜんどううんどう:腸内の内容物を移動させる腸の収縮運動)を促すなど、腸の働きを保つ大切な働きをします。また、大腸内で「乳酸」だけでなく、乳酸よりも殺菌力が高いとされる「酢酸」もつくる優秀な菌としても知られています。

このように、腸内の代表的な善玉菌であるビフィズス菌には、どのような特性があるのでしょうか。大きな2つの働きについてご紹介します。

腸内フローラを整える働き

腸内には約100~1000種類、数にして100兆個以上の菌が棲んでいます。小腸から大腸にかけてさまざまな菌がグループを形成してまとまっており、腸の壁面に存在しています。顕微鏡で腸内を覗くと、その様子が「お花畑」であるように見えることから「腸内フローラ」と呼ばれるようになりました。

腸内細菌は、主に以下の3つに分けられます。

善玉菌
消化吸収を促したり、病気に対する抵抗力をつける働きをするなど、体によい働きをする菌。
悪玉菌
細菌毒素などを産生し、腸内の働きを悪くする菌。
中間菌
善玉菌と悪玉菌のどちらにも属さず、優勢な菌に味方をする菌。

ビフィズス菌は、善玉菌の代表となる菌です。そのため、ビフィズス菌が多くなると善玉菌優勢の環境に傾き、腸内細菌のバランスが整って理想的な腸内環境へとつながります。腸内環境が整うと便秘などのトラブルが予防され、体調も整いやすいです。

肥満の予防・改善につながる働き

腸内フローラは人種や遺伝、その人の食生活などによって異なってくるといわれますが、近年、太っている人と痩せている人の腸内フローラのバランスも異なることが研究により明らかになりました。[1]この研究によると、痩せている人の腸内にはビフィズス菌などの善玉菌が多いことがわかったそうです。これらの菌が作り出す短鎖脂肪酸と呼ばれる物質(酢酸など)が、脂肪組織への脂肪の蓄積を防ぐためではないかと考えられています。

また、人の腸には腸管免疫と呼ばれるバリア機能が備わっており、食べ物などの必要な栄養素は摂り込み、有害な菌やウイルスなどは侵入しないよう防ぐ働きをしています。ところが、日々のストレスや脂肪分の多い食事、アルコールなどでバリア機能が破壊されると、腸の隙間から細菌成分が侵入し、内臓や血管で炎症を起こしやすくなるとされます。このような炎症が続くと、肥満や糖尿病などが引き起こされることがわかっています。ビフィズス菌には、このバリア機能を修復する効果が示唆されている種類もあります。[2]

このような効能から、ビフィズス菌にはダイエットをサポートする効果も期待できるのではと考えられています。

ビフィズス菌を摂取する方法

では、健康に欠かせない善玉菌であるビフィズス菌を増やすには、どうすればいいのでしょうか。ビフィズス菌は人や動物の腸内で生育するため、基本的に自然食には含まれません。ただし、人の手で添加したビフィズス菌入りの加工食品やサプリメントをとり入れれば、外からでも補うことが可能です。ビフィズス菌を含んだ代表的な製品には、以下のものがあります。

ビフィズス菌入りのヨーグルト

ビフィズス菌=ヨーグルトというイメージも強いと思いますが、すべてのヨーグルトにビフィズス菌が含まれるわけではありません。ビフィズス菌を摂りたい場合は、これが入っていることが明記されているものを選ぶようにしましょう。

サプリメント

ビフィズス菌は、サプリメントでも摂取することができます。サプリメントで補う際は、自分の体や体調を考慮し、用量を守って摂取してください。また、サプリメントは薬ではありません。あくまでもサポート食品であることを忘れず、基本的な栄養素は食事でしっかり摂りましょう。バランスのよい食事を基本としたうえで、生活に上手にとり入れてください。

ビフィズス菌を摂取するタイミング

ビフィズス菌は胃酸に弱く、生きたまま腸に届くのが難しいといわれています。そのため、摂取するタイミングは胃酸が薄まりやすい食後がおすすめです。また、外から補ったビフィズス菌は、そのほとんどが3日から1週間程度しか腸内に滞在できません。腸内環境を整えるサポートとしてとり入れる場合は、できるだけ毎日続けて摂取しましょう。

まとめ

ビフィズス菌は腸内の代表的な善玉菌として、その働きによりさまざまな健康効果が期待できるといわれています。整腸作用による便秘の予防・解消効果だけでなく、酢酸などを産生することで肥満の予防や改善にもつながることが期待され、研究が続けられています。バランスのよい食生活を基本に、健康のサポート食品として、ビフィズス菌を含む食べ物やサプリメントを毎日の生活に上手にとり入れてみてはいかがでしょうか。

参考文献

  1. [1]「腸内細菌と脂質代謝」静脈経腸栄養Vol.28 No.4(2013) https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjspen/28/4/28_915/_pdf
  2. [2]まいにち乳Life 森永乳業 https://mainichi-nyuulife.com/material/bifidobacterium_B-3.html

今すぐ読みたい

「ダイエット」の関連情報

記事カテゴリ

注目情報

fem.

fem.ヘルスケアが

もっと手軽にアプリで登場!

今日できる。今すぐできる。

健康・キレイ情報を毎日おとどけ。

app-store
google-play