便秘・下痢
2018年04月16日更新 2017年12月25日公開

ヨーグルトとはちみつを使った便秘におすすめのレシピ

便秘対策でヨーグルトを食べているのに、いまひとつ効果がない…そんなときは、相乗効果が期待できる食材と組み合わせると効果が出るかもしれません。便秘対策に効果的なひと工夫と、はちみつを使ったおすすめのレシピをご紹介します。

監修医師

この記事の監修者
管理栄養士 水野るり恵 先生

ヨーグルトの効果をより高めたい場合に、相乗効果が期待できる食材を組み合わせる方法があります。食べ合わせのよいものでは、はちみつが代表的でしょう。はちみつの便秘への効果と、おすすめのレシピをご紹介します。

ヨーグルトで便秘が改善されない場合に考えられる3つの原因

ヨーグルトを食べているのに便秘が改善されない。このような場合は、何が問題なのでしょうか。まずは、ヨーグルトの効果が得られないときに考えられる原因と、改善方法について見ていきましょう。これにより、後にご紹介する対策が、より効果的なものになります。

1.便秘の原因に合った対策ができていない

便秘は、ヨーグルトだけで解消するのが難しい場合もあります。生活や排便の習慣、食事メニューを見直すなど、さまざまな面での対策を試みましょう。ヨーグルトだけに頼ろうとせず、便秘をくり返さない生活スタイルを作ることが大切です。また、便秘にも種類があり、原因によって解消方法も変わってきます。対策する前に、まず自分の便秘の原因を知ることも重要です。

2.乳酸菌やビフィズス菌の働きを生かせていない

腸内細菌の構成は人によって異なるので、腸内環境に合う菌も人によって変わってきます。ちまたでいくらよいといわれる乳酸菌やビフィズス菌でも、自分の体質に合っていなければその働きは生かせません。2週間ほど試してみて効果が実感できなければ、他の種類を試して見ましょう。

また、乳酸菌やビフィズス菌の中には、胃酸や熱に弱いものが多いです。死滅した菌には免疫を活性させる効果などが示唆されているため、まったく役に立たないわけではありませんが、整腸作用についてははっきりしたことがわかっていません。便秘対策としてとり入れる場合は胃酸が弱くなる食後に食べたり、温めすぎないよう意識することで、菌の働きをより生かせる可能性があります。

3.継続して食べていない

外から補う善玉菌は、一度摂取したからとずっと腸内にとどまるわけではありません。ほとんどのものは、一定の期間をおいて排出されてしまいます。そのため、便秘対策としてヨーグルトを食べるときは、一度に多くの量を食べるのではなく、毎日継続することが重要です。

相乗効果が期待できる組み合わせで効果アップ!

ヨーグルトは、上手に活用すれば便秘の予防・改善の有効なサポート手段となります。そのまま食べても効果的ですが、工夫することでその効果をさらに高めることができます。そのひとつが、整腸作用につながる食材の組み合わせです。ヨーグルトに甘味料として組み合わせやすいはちみつも、相乗効果が期待できる食材のひとつです。

はちみつが持つ便秘への効果

はちみつなどの糖分の多い食品は、腸管内で発酵しやすいことから腸の蠕動運動(ぜんどううんどう:内容物を移動させる腸の収縮運動)を促しやすいです。さらに、はちみつには善玉菌のエサとなるオリゴ糖が含まれるため、腸内の善玉菌を増やすサポートにもなります。はちみつが苦手な方は、オリゴ糖で代用するといいでしょう。

大根おろしも効果的

ヨーグルトとはちみつに、もうひと工夫として大根おろしを加えると、より高い整腸作用が期待できます。大根おろしには水溶性食物繊維が豊富に含まれるため、便を柔らかくしてスムーズなお通じにつなげる働きが期待できます。また、オリゴ糖同様、食物繊維も善玉菌のエサとなって増殖をサポートします。特に水溶性食物繊維は腸内細菌の発酵を受けやすく、乳酸菌などの有益菌を増やすのに効果的です。

はちみつ・ヨーグルト・大根を組み合わせたおすすめレシピ

では、最後にこれらを使ったおすすめのレシピをご紹介します。

<レシピ:はちみつヨーグルトと大根おろし(1食分)>

大根はヨーグルトとの相性もいいです。大根おろしのシャリシャリ感が口当たりよく、デザート感覚で食べられるでしょう。ただ、辛みのある大根は合わないので、比較的甘い大根の上部を使用することをおすすめします。

食材:ヨーグルト 200g/はちみつ 大さじ2/大根おろし 大さじ2

  1. すべての材料(大根おろしの水分も含む)を混ぜ合わせれば完成です。

どうしても辛みが気になるときは、きなこを入れると味がまろやかになって食べやすくなります。きなこにも食物繊維とオリゴ糖が含まれるので、便秘対策としてもおすすめです。

まとめ

ヨーグルトを食べているのに便秘が改善されないときは、便秘の原因や生活習慣などを見直してみましょう。また、ヨーグルトの種類を変えてみてもいいでしょう。便秘対策のサポート効果を得るには、習慣的に食べることも重要です。そのうえで、善玉菌の働きを高めるべく、整腸作用が期待できる食材を組み合わせて食べることをおすすめします。はちみつをかけるだけでもいいですし、大根おろしなど、その他の食材と組み合わせてもいいでしょう。自分にぴったりのヨーグルトと食べ方を見つけてください。

※整腸作用が期待できるその他の食材について、詳しくは『ビフィズス菌を増やす食材・食べ物』をご覧ください。

今すぐ読みたい

「便秘・下痢」の関連情報

記事カテゴリ

注目情報