歯・エチケット
2018年08月31日更新 2018年08月31日公開

口臭を引き起こす食べ物・飲み物

エチケットとしても気になる口臭には、生理的なものや飲食物、嗜好品、病的なものなど、さまざまな要因があります。中でも、日常生活で身近な飲食物や嗜好品によって引き起こされる口臭のメカニズムや口臭の原因について紹介します。

監修医師

この記事の監修者
管理栄養士 柿元暁子

口臭は気になるけれどなかなか話題に出しにくいものですね。普段何気なく口にしている食べ物や飲み物が原因になることはあるのでしょうか。口臭を起こしやすい食べ物などを紹介していきます。

食べ物や飲み物で引き起こされる口臭とは

口臭は口から直接におうものと、消化吸収される過程で分解され肺を通して息となってにおうものがあります。口臭の種類や原因は、誰にでもある生理的要因、飲食物や嗜好品によるもの、治療が必要な病的なものとさまざまですが、大部分は口腔内の衛生環境により左右されることが多いといわれています。

その口臭の原因となる臭いは「揮発性硫黄化合物」といわれ、主に「硫化水素(卵の腐ったような臭い)・メチルメルカプタン(血生臭い、魚や野菜が腐ったような臭い)・ジメチルサルファイド(生ごみのような臭い)」の3種類のガスからなります。これらが混ざり合うため不快なにおいとなるのです[1]。口臭が強くなるタイミングがあるので紹介しましょう。

<口臭が強くなるとき>

  • 朝、目覚めたとき
  • 緊張やストレスを受けたとき
  • 食べ物のかすが残っているとき
  • においの強い食べ物により、血液の成分が吐く息に混ざるとき
  • 喫煙をしたとき
  • 歯周病や舌苔(ぜったい)など口腔内の病気によるもの
  • 糖尿病など全身の病気によるもの

口臭を引き起こす食べ物・飲み物

食べ物などは、直接、口にするため口臭に影響を与えやすいです。そのため、他人と会う前に気をつけておきたい食べ物や飲み物を紹介しましょう。

ニンニクやニラ、ネギなど

ニンニクは、においの強い食べ物を代表するものの一つです。このにおいの正体は、「アリルメチルスルフィド(AMS)」によるものです。これはニンニクに含まれる成分アリインが身体の中で代謝を繰りかえすことで作られるガスで、口の中や消化器官、肝臓を通って最終的に肺から吐く息として出されたものが口臭となります。このニンニク臭は消えるまで16時間ほどかかるといわれています[2]。

また、ニンニクほどではありませんが、ニラや長ネギ、玉ネギ、エシャロットやらっきょうなどのネギ科植物はアリシン(硫化アリル)という成分を含むため、これもまた体内に入って代謝分解されることで口臭を引き起こす元となります。

アルコール

アルコールを肝臓で分解する過程で、悪臭のもとになる「アセトアルデヒド」という成分が作られます。このアセトアルデヒドが肺を通して吐き出されることで口臭になります。体内でアルコールを分解し終わるには、個人差がありますが、日本酒5~6合で24時間ほどかかるといわれており、その間は呼吸をするたびに悪臭を出している状態となります。

また、アルコールは口の中の粘膜を乾燥させてしまうため、次第に唾液の分泌量が減少することで口臭が強くなりやすいという点もあります[3]。

コーヒー

コーヒーを飲むと、焙煎の時に出るコーヒー豆の微粒子が舌の表面に付着しやすく、飲んだ直後はコーヒーの良い香りが残っています。しかし、中性に近い弱酸性に保たれている口の中は、コーヒーを飲むことで酸性に傾き、細菌が繁殖しやすくなります。

ケーキやパンなどの甘いお菓子やジュース

甘いケーキやパン、クリームや牛乳は、口の中ですぐに元の粉や粒子になるため、口の中に残りやすいです。しばらくしてから唾液の中の消化酵素によって分解されると酸とガスの発生により、口臭を引き起こす原因菌の活動が活発になることから、すっぱいにおいの口臭が発生することになります。

タバコ

喫煙によって口臭を引き起こす原因は、タバコに含まれる「タール」と「ニコチン」という成分によるものです。タールは、歯やプラーク、歯石にいったん付着すると頑固で長い時間落ちず、それ自体が強いにおいを発します。肺や胃にも付着するため、体内を通して吐く息からもにおいを発します。

また、ニコチンは血流を悪くし、唾液の分泌を抑制する働きがあります。口腔内で細菌が増えやすい環境を作ってしまうことも口臭を引き起こす原因といわれています。

まとめ

口臭は誰にでも起こる生理的なものから、食べ物や飲み物によるもの、治療が必要な病気が関係しているものなど複数の原因から引き起こされます。まずは原因をつきとめて対処しましょう。

一度体内に入った悪臭が消えるまでには時間がかかります。大事な約束事の前や、口臭が気になるときはエチケットやマナーとして、紹介した食べ物や飲み物を控えて口臭対策をしてみるのはいかがでしょうか。

口臭対策については『口臭を予防する食べ物・飲み物やにおい対策』で詳しく解説していますので、ご覧ください。

参考文献

  1. [1]兵庫県歯科医会. "お口の病気" 一般社団法人兵庫県歯科医会. https://www.hda.or.jp/disease/kosyu(参照2018-07-21)
  2. [2]平山知子ほか. ニンニク代謝口臭の発生メカニズム, 日本栄養・食糧学会総会講演要旨集 2004; (58): 202
  3. [3]“口臭がある” 東京国際クリニック. https://www.period.tokyo/symptoms-type02/ (参照2018-7-21)

「歯・エチケット」の関連情報

記事カテゴリ