ヨーグルトと健康
2017年03月22日更新 2017年03月16日公開

ヨーグルトに期待される多くの効果

健康的な腸内環境をサポートするといわれているヨーグルトですが、その他にも期待される効果があります。ヨーグルトに期待されている効果や、ヨーグルトに含まれている菌について、管理栄養士監修の記事で解説します。

監修医師

この記事の監修ドクター
栄養カウンセリング Olive 片村優美先生

ヨーグルトは、腸内環境を整える効果が期待できる食品です。それは、ヨーグルトに含まれている菌の効果といわれています。では、ヨーグルトには、どのような菌が含まれているのか見ていきましょう。

ヨーグルトに含まれる菌

ヨーグルトの原料として利用されている菌は、乳酸菌とビフィズス菌です。乳酸菌とビフィズス菌の特徴を見ていきましょう。

乳酸菌とは

乳酸菌は、ひとつの細菌の名称と思っている人がいるかもしれませんが、この認識は正しくありません。乳酸菌とは、糖質を分解して乳酸を作る細菌の総称です。そして、さまざまな菌が乳酸菌に分類されています。乳酸菌は糖を分解する発酵を行い、乳酸を大量に作りだす性質を持っています。それによって、身体は成長に必要となるエネルギーを得ることができます。

乳酸菌のサイズは、1マイクロメートルほどといわれています。1ミリメートルの1000分の1が1マイクロメートルですから、肉眼で視認することは困難と言えます。肉眼で捉えることが難しい乳酸菌ですが、自然界に広く存在しており、人間や動物の腸内にも存在しているといわれています。さらに、乳酸菌には棒状と球状の形をしたものがあります。棒状の乳酸菌を乳酸桿菌、球状の乳酸菌を乳酸球菌と言います。さらに、ヨーグルトの製造だけではなく、日本酒やしょうゆ、チーズなどの発酵食品を製造するときにも乳酸菌が活躍しています。

ヨーグルトを製造するために使用されている主な乳酸菌は、乳酸桿菌ではブルガリカス菌やヘルベチカス菌、ガセリ菌、アシドフィルス菌などです。乳酸球菌は、ラクトコッカス属のラクチス菌やクレモリス菌、連鎖球菌のサーモフィルス菌などです。これらの乳酸菌の発酵温度や組み合わせなどに変化をつけることで、各メーカーは、自社ヨーグルト製品に独自性をだしているといわれています。

ビフィズス菌とは

ビフィズス菌とは、ビフィドバクテリウム属の細菌の名前です。状況に応じて、Y字やV字のような形に変化していることから、「枝分かれ」の意味を持っているラテン語「bifid(ビフィド)」から名付けられたといわれています。ビフィズス菌は、乳酸菌と同様に糖を分解して乳酸を作りだすのですが、同時に酢酸を大量に作りだす点は、乳酸菌と異なる性質とされています。さらに、乳酸菌と違い酸素に弱い性質があると考えられています。

しかしながら、乳酸菌と同じで、人間や動物の腸内で生息しており、健康的な腸内環境を保つ効果があると考えられています。

それぞれの菌が身体にもたらす効果

乳酸菌は、健康的な腸内環境を保つ効果があるので、便秘の改善に有効といわれていますが、その他にも、さまざまな効果が期待できると考えられています。ヨーグルトに使用されている乳酸菌の種類によって期待できる効果には、それぞれ違いがありますが、免疫力向上や血中コレステロールを低下させる作用などといわれています。さらに、花粉症やアトピーの改善効果や内臓脂肪の蓄積を抑える効果、皮膚の状態を改善する効果などがあると考えられています。

それぞれの菌はどのようにして作られるの?

世界で初めて、本格的に乳酸菌の調査を行ったのは、発酵微生物学の始祖と呼ばれているフランス人です。乳酸菌やビフィズス菌は、人間や動物の腸内に存在しています。腸内に存在している乳酸菌を増やすためには、豊富に食物繊維を含む栄養バランスがよい食事をすることが重要だと考えられています。それは、乳酸菌やビフィズス菌は、成長するために糖や食物繊維をエサにしているからといわれています。

菌は取り過ぎるとよくない?どれくらい摂取すればよい?

ヨーグルトを食べることで摂取した乳酸菌は、腸内に届いても長い期間滞在することが困難といわれています。ですから、一度にたくさん摂取するよりも、毎日継続して摂取することが重要だと考えられています。一方、ヨーグルトをたくさん食べると脂肪分の過剰摂取につながるおそれがありますので、目安としては、1日あたり100gから200gのヨーグルトを食べるのがよいといわれています。

また、ヨーグルトを食べるタイミングは、胃酸の影響を少しでも抑えるために、食後がよいと考えられています。雑菌などに汚染されるおそれがありますので、ヨーグルトを開封したら、なるべく早めに食べることをおすすめします。

さまざまな種類がある乳酸菌は、体質によって合う、合わないがあるといわれています。ですから、毎日食べ続ける生活を2週間以上続けていても何も変化がない場合は、異なる乳酸菌が含まれているヨーグルトを食べるのもよいでしょう。

「ヨーグルトと健康」の関連情報

記事カテゴリ

fem.

fem.ヘルスケアが

もっと手軽にアプリで登場!

今日できる。今すぐできる。

健康・キレイ情報を毎日おとどけ。

app-store
google-play