ビフィズス菌
2017年03月22日更新 2017年03月16日公開

ビフィズス菌とは

ビフィズス菌には、腸内環境を整える効果があると考えられていますが、それ以外にも期待できる効果があるとされています。同じ腸内環境の改善が期待できる乳酸菌との違いやビフィズス菌の働きについて、ドクター監修の記事で解説します。

ビフィズス菌配合と記載されているヨーグルトなどの食品を目にすることがあります。ビフィズス菌が含まれている食品を食べると、どのような効果に期待できるのでしょうか。ビフィズス菌がどのような菌なのか見てみましょう。

ビフィズス菌とは

乳酸菌の一種であるビフィズス菌は、グラム陽性でBifidobacterium(ビフィドバクテリウム)属に属しており、酸素がなくても増殖が可能な嫌気性桿菌(けんきせいかんきん)で、主に、人間や動物の腸内に生息しているとされています。そして、人間が健康を維持するための助けとなる働きをする代表的な善玉菌のひとつといわれています。ビフィズス菌には、整腸作用や腐敗物を生みだす菌が増殖するのを抑制したり、病原菌からの感染を予防する効果などに期待されています。ビフィズス菌は、動物の腸内から分離した菌種と、人間の腸内から分離した菌種では異なるといわれています。ビフィズス菌は、現在までに32菌種に分類されていますが、人間の腸内から分離したビフィズス菌は、B.adolescentisやB. longum、B.breveなど7~8菌種が存在します。腸内のビフィズス菌を増加させるためには、ビフィズス菌が増殖するのに必要なオリゴ糖などを摂取することが望ましいようです。オリゴ糖が多く含まれる食品には、リンゴやバナナなどの果物の他に、アスパラガスやタマネギ、ゴボウなどの野菜、ハチミツなどがあります。

ビフィズス菌の働き

ビフィズス菌は、健康を維持するための働きをしているといわれていますが、そのひとつが、腸内環境改善作用です。ビフィズス菌が腸内に生息している有害菌を抑制することで、腸内環境のバランスを改善し、たとえば有害菌が生みだす腸内腐敗産物を減少させます。こうして、腸内環境が整えられ、健康の維持に役立っているといわれています。また、ビフィズス菌は便秘を改善する働きや下痢になるのを抑える働きに期待が持たれています。その理由として、腸内環境が改善されることで、ウイルスや細菌の感染から腸内を守る力が高まるからと考えられています。さらに、免疫調整作用の向上やアレルギー症状の緩和など、身体にさまざまな働きが期待されています。

ビフィズス菌と乳酸菌の違い

乳酸菌は、糖を分解し乳酸を作ることでエネルギーを生みだしている細菌の総称であり、ひとつの菌ではありません。ビフィズス菌は、乳酸菌の一種とされていますが、酸素を嫌う性質など他の乳酸菌と異なる性質を持っていることから、乳酸菌とは違う種類との考えもあるようです。ビフィズス菌と乳酸菌には、いくつかの違いがあります。まずひとつは、酸素がある環境で生育できるかどうかの違いです。ビフィズス菌に限定すれば酸素があると増殖できない菌種と言えますが、乳酸菌という大きな枠組みで考えると、酸素があってもなくても増殖できる菌ということになります。そして、ビフィズス菌は、主に人間や動物の腸内に生息しているのに対して、乳酸菌は、人間や動物の腸内だけではなく、味噌や漬け物、牛乳などの発酵食品や乳製品など、自然界一般に生息しています。また、ビフィズス菌は、糖質の中でも特にオリゴ糖を分解して、乳酸や酢酸を作るのに対して、乳酸菌は、ブドウ糖などの糖質を分解して、乳酸を作ると考えられています。

ビフィズス菌が含まれている食べ物

ビフィズス菌は、主に人間や動物の腸内で生息する腸内細菌のため、野菜や果物などの食材からは摂取できないと考えられています。ビフィズス菌を摂りたいときは、市販されているヨーグルトなどの乳製品にビフィズス菌が含まれていると明記してあるものを選びましょう。また、ビフィズス菌は摂るだけではなく腸内で増加させることも大切です。ビフィズス菌を増やすためには、オリゴ糖の他、乳糖などが含まれたヨーグルトなどがおすすめです。さらに、食物繊維も、ビフィズス菌を増やす働きがあると考えられています。

その一方で、腸内のビフィズス菌を減らす要因になると考えられているものがあります。それは、ストレスです。また、加工食品などで使用されている合成保存料などは、殺菌作用があるのでビフィズス菌を減らす要因になるとされているため注意が必要です。

今すぐ読みたい

「ビフィズス菌」の関連情報

記事カテゴリ

注目情報

fem.

fem.ヘルスケアが

もっと手軽にアプリで登場!

今日できる。今すぐできる。

健康・キレイ情報を毎日おとどけ。

app-store
google-play